ドライブレコーダー

ドラレコ(ドライブレコーダー)の音声は恥ずかしい?証拠となるケースもあります!

ドラレコに音声まで録音されると恥ずかしい……と感じる方もいるのではないでしょうか。

たしかにドラレコには音声を録音しない設定もあります。

しかし、特殊な事情がない限り録音しておくことをおすすめします。

なぜなら、ドラレコで音声を録画しておくことが、重要な証拠になりえる場合もあるからです。

本記事では、ドラレコの音声が恥ずかしいと感じている方へ、音声を録音しておくべき理由を紹介します。

  • ドラレコの音声は原則録音しておこう!
  • ドラレコの音声が証拠になるケースもある
  • そもそもドラレコはよほどのことがない限り見返さない

ドラレコの音声が恥ずかしいのはなぜ?

ドラレコの音声が恥ずかしいと感じる理由は

  • 家族と話している内容が録音されているから
  • 車内で歌っているのを録音されているから
  • あまり見られたくない状況だから

といったことがあります。

あまり見られたくない状況というのはご想像にお任せします(笑)

ただ、上の2つのような理由でドラレコの音声録音をオフにしようとしている方は、ぜひ考え直してほしいです。

なぜなら、

ドラレコの映像を見るとき=事故やトラブルに巻き込まれたとき

で、普段から録画された映像を見ることはめったにないからです。

そして、事故やトラブルに巻き込まれたとき、音声の録音が重要な証拠になるかもしれません。

ドラレコの音声が恥ずかしいと感じても録音したい3つの理由

ドラレコの音声が恥ずかしいと感じても、録音したほうがいい理由は以下の3つです。

  • 相手と口論になった時の証拠になる
  • ブレーキ音など、音声で状況を確認できる
  • ナンバープレートが鮮明に見えなかったときに判断材料となる

口論の録音

真っ先に思いつくことといえば「口論の録音」でしょう。

2019年に常磐道で起きたあおり運転の事件では、加害者は被害者に対して暴言を残したり暴力をふるったりしていました。

事件の被害を受けた車は360度のドラレコをつけていたため記録に残っていましたが、

前後カメラのドラレコや、前方だけのドラレコをつけているという人もいるでしょう。

ドラレコの死角となるところで暴言を吐いていたり、暴力をふるったりしても音声で確かめることができるので、重要な証拠となります。

ブレーキ音などの録音

次に、事故当時の「ブレーキ音などの録音」です。

例えば青信号の交差点を直進していたら、横から信号無視で某ミサイルが突っ込んできたとしましょう。

そしてあなたの車についているドラレコは前方録画のみで、カメラの死角になって映像からは、衝突の直前の様子が判別できないとします。

このときに相手のミサイルが「ブレーキを踏んだ!」と主張した場合、証拠がないので厄介です。

しかし、多くのケースでは実際は踏んでいません。

衝突前に気づいていれば急ブレーキを踏むはずなので、「キキーッ」という音がするでしょう。

音は衝突直前の相手の行動がわかる、大切な判断材料になります。

ナンバープレートの証拠

最後に、あおり運転の被害にあったり、当て逃げされたりしたときに有効な方法です。

それは、相手車両のナンバープレートの証拠として使えること。

ドライブレコーダーの画素数や年式によっては、悪天候や夜間でナンバープレートが鮮明には見えないこともあります。

しかし、「警察に通報するまで覚えておくために、ナンバープレートを無意識のうちに読み上げている」といったことも多いです。

事故やトラブル直後の映像で声に出していますと貴重な証拠となりやすいので、

鮮明にナンバーが見えなかったとき犯人発見につながりやすくなります。

ドラレコの音声は恥ずかしいかもだが、オンにしておきたい

ドラレコ 音声 恥ずかしい ドライブレコーダー 証拠

本記事では、ドラレコの音声は恥ずかしいと感じている方へ、必要性を解説しました。

ドラレコに会話や歌声が録音されていると考えると、確かに恥ずかしいかもしれません。

しかしドラレコの映像は、よほどのことがない限り見返すことはないですし、

見返すほどよほどのことがあるときには、音声が重要な証拠となるかもしれません。

ドラレコの音声が恥ずかしいと感じていても、自分の身を守るためにも録音しておきましょう。

本記事が、ドラレコの音声で悩む人の助けとなれば幸いです。

▼ドラレコの疑問に答えました

ドライブレコーダーはずっと録画してるけど大丈夫?事故の瞬間の録画について解説 ドライブレコーダーは起動している間ずっと録画していますが、 肝心の事故の時に、録画された映像が残っていない!ということはないのか...