コラム

スバリストの特徴は?キャラが濃いオタク?元スバル乗りが解説

「スバリストの特徴は?」と、疑問に感じる人もいるでしょう。

スバリストは世間的に見て、キャラが濃いという特徴があります。

また、スバリストだとネガティブなイメージをもたれがちですが、悪いことではないと思っています。

本記事では、元スバル乗りの車好きが、スバリストの生態に迫ります。

※ぼくもおそらく、世間的にみるとスバリストですw

スバリストの特徴とは?

SNSなどで、スバリストには以下のような特徴があると言われています。

  • オタクでメガネ
  • 普段はおとなしい
  • ファッションへの興味が疎い
  • 好きなことになると早口で語る
  • スバルの車を見かけると、横に停める(スバルの法則)

まとめると、下のツイートのような感じです。

……実はぼくです(笑)

そして、ぼくもスバリストとして、何度かスバルのオフ会に参加したり、昨年には京都で主催のスバルオフ会を開いたりしました。

オフ会などを通じて、たくさんのスバリストと知り合ってきた所感は以下の通り。

SNSでのスバリストの特徴と現実
  • オタクでメガネ→(8割以上メガネでした)
  • 普段はおとなしい→(ウェイ系はほとんどいない)
  • ファッションへの興味が疎い→△(人による)
  • 好きなことになると早口で語る→△(人による)
  • スバルの車を見かけると、横に停める→(散見される)

総じていえば、おおよそあっています。

しかし、ここまでの文章だと

スバリストを名乗りたくないし、一緒にされたくない

という人もいるでしょう。

しかし、魅力的な部分はたくさんあります!

スバリストに多い考え方の特徴

スバリスト 特徴 由来 オタク 魅力

スバリストの考え方には、実は特徴があります。

特徴を理解するためにも、スバリストの由来から、スバリストが好きなものについて解説します。

スバリストの由来

スバリストの歴史は、実は長いです。

スバルの広報誌「cartopia」によると、スバリストの言葉ができたのは1975年

「スバリスト」とは現在、東京農業大学名誉教授・後閑暢夫氏が1975年のカートピアNo.31号誌上の
「スバルは紳士の乗り物」という投稿で名付けた言葉。

cartopia 2006年1月号より

そして、スバリストの意味は「クルマに対する高い見識を持ち、紳士的な運転をするスバルユーザー」です。

よって、スバル車であおり運転などの危険行為をしていると、スバリストではありません(揉めそうw)

そんなスバリストたちは、スバルに対する愛が驚くほど強いです。

特に、これから紹介する3つのことが好きな人が多いです。

スバリストが好きなもの

スバリストが好きなものは、主に以下の3つです。

  • 水平対向エンジン
  • シンメトリカルAWD
  • WRブルー

※不等長サウンドは賛否両論あるため割愛

好きなもの①:水平対向エンジン

スバリストとはこれ!と真っ先に思い浮かべるのが「水平対向エンジン」です。

水平対向エンジンは自動車のエンジンの種類の1つで、国産では1車種を除いてはスバル車にのみ搭載されています。

(トヨタ86など、スバルと共同開発している車種を除く)

海外でもポルシェに採用されていますが、他のメーカーではほとんど使われていません。

水平対向エンジンは、

  • サーキットやラリーの限界走行に強い
  • 左右対称のため重量バランスがいい
  • 水平対向エンジンならではの「重低音サウンド」

が魅力的なことから、国内だけでなく海外からも人気となっています。

一方で、

  • 部品数が多いことから、コストがかかる
  • 横に広いエンジンで、小型車への搭載が困難
  • オイル漏れは通過儀礼と言えるほど多い

といったデメリットもあり、まさに一長一短といったところです。

好きなもの②:シンメリトカルAWDシステム

スバリストが好きなもの2つ目は「シンメトリカルAWDシステム」です。

シンメトリカルAWDシステムは、車の前後左右をつなげている「シャフト」という棒状のものが左右均等になるように配置されている仕組みです。

英語の「H」を90度回転させたものをイメージすると、わかりやすいでしょう。

シンメトリカルAWDシステムは、先ほど紹介した縦置きの水平対向エンジンだからこそ実現可能で、

車の中でも重いといわれる部品「トランスミッション」を中央に置くことができます。

そして、シンメトリカルAWDシステムは運転しているときの安心感につながります。

特に舗装された道や雨、雪道に強く、雪の降る地域ではスバル車に乗っている人が多いと言われるほどです。

好きなもの③:WRブルー

スバリストの好きなもの3つ目は「WRブルー」です。

他社メーカーでは白や黒が人気なのに対し、スバルは青色の人気が高く、中古車の売値も青色が1番高くなっています。

WRブルーの原点である「WRブルーマイカ」の由来は、2008年まで参戦していたWRCのマシンカラーです。

原点は初代「レガシィ」のラリーカーでWRCに出場した1993年、

スバルのロゴにある「黄色の6連星」が映えるカラーリングとして指定されました。

その後は市販車のカラーとして取り扱われ、インプレッサやフォレスターといった人気車種に使用されています。

ところで、WRブルーは色味が微妙に変わっているのをご存じでしょうか?(スバリスト感w)

WRブルーは2014年に「WRブルーマイカ」から「WRブルーパール」へと変わっています。

具体的には下の画像のように、「WRブルーマイカ」より「WRブルーパール」の方が色味が濃いですね。

スバリスト 特徴 由来 オタク 魅力
WRブルーマイカ
スバリスト 特徴 由来 オタク 魅力
WRブルーパール

余談ですが、悲しいことに昨今では、SNSを中心に「WRブルー」を「キモヲタブルー」と揶揄されることが多いです。

スバリストに特徴的な魅力

元スバル乗りのぼくが、たくさんスバリストと出会ってきた中で感じた魅力は以下の3つです。

スバリストの魅力
  • 知識が豊富
  • 何か打ち込めるものがある
  • いい人が多い

知識が豊富

スバリストはオタク気質の人が多いため、知識が豊富です。

オフ会の会場やSNSで、愛車の調子が悪い場所を言うと、原因や交換場所を教えてくれたりします。

しかも、正しいことが多いのです!

消耗品や社外品の交換パーツにも詳しく、コスパのいいものからおすすめのお店まで教えてもらえます。

また、オタク気質な人が多いのもあり、車以外の知識が豊富な人もいて、話を聞いてて新鮮さを感じます。

その点、オタク特有のキャラの濃さから「スバリストは濃い」と言われるのかもしれません。

何か打ち込めるものがある

スバリストは、何か打ち込めるものがある人が多いです。

車はもちろんのこと、アニメやカメラ、音楽など多種多様。

昨今では「さとり世代」と言われるように、無趣味な人が若い世代で増えてきています。

そのため上の世代は「最近の若者は、休みの日に何しているのかわからない」と考えてしまいます。

その点、スバリストは打ち込めるものを持っているため、上司などの上の世代と趣味の話など話題作りにできます。

賛否両論はあるでしょうが、ぼく個人としては何か打ち込めるものがある人は素敵だなと感じています。

いい人が多い

スバリストというと悪いイメージが多いですが、ぼくの知っている限りだと「いい人が多い」です。

簡単に言えば「穏やかな愛されキャラ」で、職場のおばちゃんに好かれるタイプ。

人によっては、スイッチが入ると熱く語ってしまいますが、スバリストだけの特徴ではありません。

仕事や他の趣味でも、熱く語ってしまう人はたくさんいます。

聞いている側からすると、置いていかれてる感覚なので戸惑ってしまうかもしれませんが

本人は純粋にスバルや車が好きなだけで、悪気はありません。

高圧的な人や、他人や他社の悪口ばかりを早口で言っているスバリストも一定数いますけどね。

スバリストは特徴的だが魅力的!

スバリスト 特徴 由来 オタク 魅力

本記事では、スバリストの特徴を解説しました。

偏見によって悪いイメージが先行しているスバリストですが、絵にかいたようなスバリストはごく一部の人間だけです。

ぼくがオフ会などでお会いした方も、夢中になれるものがあって、いい人が多い印象でした。

「スバリストに分類されるの恥ずかしいからやめとこ……」

と思っていた方は、考えを改めてみてはいかがでしょうか。

本記事でがスバリストについて疑問に思ったあなたの、参考になれば幸いです。

▼スバルの代名詞「インプレッサ」の維持費を紹介しました。

関連記事:涙目インプレッサ(GDB)の維持費は?l燃費・保険・消耗品