コラム

車をいじる初心者におすすめの手順は?少しずつカッコよくしたい人へ解説

車 いじる 初心者 手順 CARTUNE

車をいじる初心者におすすめの手順って、どんなのか気になりますよね。

実は、車をいじる初心者が少しずつかっこよく仕上げるには、ある程度法則があります。

ぼく自身が車好きで、SNSやオフ会を通じて多くの車種を見てきましたが、カッコいいと感じ注目される車には共通点がありました。

とはいえ、一気に仕上げるのはお金がかかるし難しいですよね。

本記事では、カッコいい車を少しずつ作りたい人に向けて、車をいじるおすすめの手順について解説しました。

※あくまで個人の主観ですので、参考程度に。

車をいじる初心者におすすめの手順

車をいじる初心者におすすめの手順は、以下の3つです。

  1. ホイール(+車高調)
  2. マフラー
  3. 好きな箇所

手順①:ホイール(+車高調)

まずは「ホイール」です。

人間でも「オシャレは足元から」というように、クルマでも「オシャレは足元から」です。

ホイールを変えただけで印象が変わり、かなり締まった印象になります。

一方で、ゴテゴテのエアロやにぎやかなマフラーがついているのに、ホイールがノーマルだと残念な印象を与えることが多いです。

(ホイールでほしいものがあって、納期待ちなどの事情があれば別)

特に最近の車だと、なぜかアンバランスに。

おそらく全体のデザインの問題だと思いますが……。

また、予算に余裕があるなら、ホイールを変えるときに車高調も一緒に入れてしまいましょう!

後から車高調を入れるよりも、工賃を抑えることができるからです。

ただし、車高を落とす場合は、注意点が3つあります。

  • 安い車高調だと、かえって性能が落ちることもある
  • 車高を落とすとタイヤが内側に入るので、ツライチにするにはホイールを少し大きめに
  • 最低地上高やハミタイなどの「違法改造」に注意

車高を下げてツライチを狙ったつもりが失敗したり、違法改造になったりすることもあるのを頭に入れておきましょう。

ぼくの友人で「車高は下げてないけど、マフラー変えたら最低地上高すれすれだった」という人もいました。

マフラーを変える予定がある人は、欲しいマフラーをつけたときに最低地上高違反にならないか確認しておくことをおすすめします。

▼ツライチについて詳しく解説しました。

ツライチはダサい?車をドレスアップするなら覚えておきたい基本を解説 「ツライチはダサい!」と、車好きとの会話で疑問に感じた方もいると思います。 ツライチは、車のドレスアップに欠かせない要素...

手順②:マフラー

次に「マフラー」です。

マフラーを変えることで

  • クルマの見た目を変える
  • 排気音が変わってドライブが楽しくなる

という2つのメリットがあります。

ただし、マフラーをいわゆる「違法マフラー」にしてしまいますと、

ディーラーに入れなかったり、車検に通らなかったりすることもあります。

日ごろから車をいじる方なら問題ないですが、そうでない人(特に初心者)は「車検適合品」を買うようにしましょう。

また、車高下げるときはマフラーと地面との間の「最低地上高」にも注意してくださいね。

(大事なことなので2回言いました)

手順③:好きな箇所

ホイールとマフラーを変えたら、あとは好きな場所をいじればOK。

エアロをつけていかつくするもよし。

吸気とかを変えて早く走れるようにするもよし。

ネオンやシート、ステアリングを変えて「〇イスピ」っぽくするのもよしです。

全部やりたい!という人も、好きな順番にやっていきましょう!

車をいじる初心者が陥りがちな手順

しかし、車をいじる初心者が陥りがちな手順があります。

それは「納車直後にワンポイントばかりつけてしまう」ということです。

よくありがちなのは、以下のもの。

  • モール類
  • ネオン管
  • シール(痛車を除く)

ワンポイントは1つ1つは安く、手っ取り早く純正の車と差をつけやすいですが、

「ちりも積もれば山となる」というように、気づけばホイールの新品と同じ額ぐらい使ってしまっていることもあります(自戒)

少しずつかっこよく仕上げていきたい!という人は、ワンポイントに使うお金を「足元の資金」に回してあげましょう。

車をいじる初心者は、いったん純正を楽しみながら将来設計を!

車 いじる 初心者 手順 CARTUNE
かつての愛車です

本記事では、車をいじる初心者におすすめの手順を紹介しました。

家を建てる時でも、どんな外装でどんな部屋を設けるのかを最初に決めますよね。

最初から、トイレの照明をLEDにするか豆電球にするかで何時間も悩むことはないでしょう。

車をいじる手順も、家と同じように「全体のイメージ」が重要です。

純正を楽しみながら「どんなふうに仕上げたいのか」を妄想しまくりましょう←

本記事が、車をいじる初心者にとって、参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

▼ハイグリップタイヤではなく、スポーツタイヤを履かせたいという人へ!

【2021年版!】スポーツタイヤで街乗りにも使える、おすすめのタイヤ3選 スポーツカーにはやはりスポーツタイヤを履かせたいですが、 「街乗りがメインだと、どの銘柄を選べばいいのか」 と悩んでいる人...