ドライブレコーダー

パイオニアがドラレコのサブスクをスタート!機能や価格を徹底解説!

ドラレコにもサブスクがあるというのを、あなたは知っていますか?

オーディオやナビで有名な「カロッツェリア」でおなじみのパイオニアから、ドラレコのサブスク「ドライブレコーダー+」が誕生しました。

ドラレコのサブスクでは通常の機能はもちろんのこと、サブスクならではの通信技術を使った機能が魅力的です。

特に、あなた以外のご家族が運転されることがあるならば、選択肢に入れておきたいドラレコになっています。

本記事ではパイオニアが開発したドラレコのサブスクについて機能や価格、メリット・デメリットについて紹介します。

  • ドラレコのサブスクは、通信機能が魅力的
  • 家族が運転する人や、離れて暮らす家族がいる人におすすめ!
  • 独身で運転に自信のある人には少々割高かも……

ドラレコのサブスクに搭載された機能

ドラレコ サブスク 機能 価格 パイオニア

ドライブレコーダー+は、通常のドライブレコーダーに搭載された録画機能や保存機能はついていますが、

最大の特徴は「通信機能がついている」ことです。

とはいえ、ドラレコの通信機能といってもイメージがつかないですよね。

本章では、3つの機能について紹介します。

ドライブレコーダー+の機能
  • 緊急通報機能
  • 見守り機能
  • 事故防止機能

機能①:緊急通報機能

1つ目が「緊急通報機能」です。

緊急通報機能は、事故やトラブルのときにボタン1つでコールセンターにつなげることができるものです。

例えばあおり運転にあっているときや、故障してしまった時に通報ボタンを押すことで、コールセンターにつながることはもちろん

警察や消防、JAFなどの要請をコールセンターの担当がしてくれます。

もし故障がおきても、ドライブレコーダー+には内臓電池が入っていますので、バッテリーが切れて通報できないという心配はありません。

また、重大事故などで大きな揺れを検知した場合は、ドラレコが自動で緊急通報。

そして、重傷を負っているなど呼びかけに応じなかった場合は、

コールセンターの担当者が警察や消防に通報し、警察や救急隊員がGPSの情報をもとに事故現場に向かいます。

事故やトラブルだと気が動転して頭が真っ白になることも多いので、安心できる機能ですよね。

機能②:見守り機能

2つ目が「見守り機能」です。

  • 高齢者の親族がいるけど、車がないと生活できないところに住んでいる
  • 家族共用の車で、普段は家族が買い物や送迎のために乗っているという人
  • 自宅に車があるが、単身赴任なのでなかなか乗らないお父さん

といった方におすすめの機能です。

見守り機能では、家族が事故やトラブルに巻き込まれて通報があったときに

  • 現在地
  • 事故の状況

メールやLINEで送ってくれます。

何かあったときに情報をいち早く確認できますので、離れていても安心ですよね。

機能③:事故防止機能

3つ目が「事故防止機能」です。

パイオニアは「安全運転システム」も独自で開発しており、交通事故の多いポイントで運転者に注意喚起をします。

事故防止機能で特に優れているのが「状況に応じて警告が変わること」

  • 場所
  • 天気
  • 時間帯
  • ドライバーの運転傾向

によって注意喚起の仕方が変わります。

雨の日や夜に運転するときには、普段よりも注意しなければいけませんが、慣れている道では油断してしまうもの。

漫然運転を防ぐためにも、事故防止機能はありがたいと言えるでしょう。

ドラレコのサブスク、価格はどう?

ドラレコ サブスク 機能 価格 パイオニア

従来のドラレコの機能に加え、安心して運転できる機能がついており、

年間10万円くらいするのではないだろうか……?

と思われる方もいるかもしれません。

しかし、本体価格と通信機能代を合わせたらお値段以上の機能だということが想像できるでしょう。

まずは、車両の後方を録画する「リアカメラ」がない場合です。

リアカメラがない場合

項目従来のドラレコドライブレコーダー+
本体価格20000円~30000円2178円(税込)/1カ月
手数料など2200円(税込・契約時のみ)
合計(1年)20000円~30000円年間28336円(税込)

次に、リアカメラがある場合です。

リアカメラがある場合

項目従来のドラレコドライブレコーダー+
本体価格25000円~35000円2728円(税込)/1カ月
手数料など2200円(税込・契約時のみ)
合計(1年)25000円~35000円年間34936円(税込)

2年目以降は差が出るかもしれませんが、実はドラレコは直射日光の影響で壊れやすいです。

特に夏場にフロントガラスにサンシェードをつけている場合は、反射する熱が故障の原因になります。

ぼくも前の愛車につけていたドラレコは1年弱で不具合が起きるようになりました。

使用環境によっては高いドラレコをつけても、数年以内に買い替えをしなければならないということも、考えておきたいポイントです。

ドラレコのサブスクを使うメリット・デメリット

ここまで紹介してきた「ドライブレコーダー+」を使う、メリットとデメリットを紹介します。

メリット

まず、メリットは以下の通りです。

ドライブレコーダー+のメリット
  • 事故やトラブル時でもボタン1つで対処できる
  • 離れて暮らす家族がいても、安心できる
  • 事故防止機能で事故のリスクを減らせる

特に、事故やトラブル時にボタン1つで通報できたり、重大事故だった場合に警察や消防に通報してくれたりすることが最大の魅力です。

また、運転に自信のない人や年配の方でも、事故防止機能を使えば安心して運転できます。

デメリット

一方で、デメリットもあります。

ドライブレコーダー+のデメリット
  • 通常のドラレコより割高になることもある
  • 運転に自信のある独身の人は、恩恵を受けにくい

特に、運転に自信があったり、そもそも車には月に数回しか乗らなかったりという使い方には、ドライブレコーダー+は割高に感じるかもしれません。

ドラレコのサブスクはこんな人におすすめ!

ドライブレコーダー+の機能や価格、メリット・デメリットを踏まえておすすめしたい人は以下です。

ドライブレコーダー+をおすすめする人
  • 家族が平日に運転するので、心配というお父さん
  • 離れて暮らす両親や家族が心配という人
  • 運転に自信のない初心者や高齢者

上に当てはまるような人は、ドライブレコーダー+ならではの3つの機能が活躍するでしょう。

一方で、先ほども紹介したように

  • ドラレコ代を最低限に抑えたい
  • 運転に自信のある独身の人

ドライブレコーダー+の通信機能を使わないため、割高に感じるかもしれません。

ドラレコのサブスクも、新たな選択肢の1つに

ドラレコ サブスク 機能 価格 パイオニア

本記事では、パイオニアが開発したドラレコのサブスク「ドライブレコーダー+」の特徴や価格、メリット・デメリットを紹介しました。

サブスクが流行している昨今ですが、ドラレコのサブスクは珍しいのではないでしょうか。

また、パイオニアは商用車用のドラレコとして広く採用されているメーカーなので、

実績や技術といった面でも安心できますよ!

本記事で少しでも興味を持たれた方は、下のボタンから企業サイトをのぞいてみてくださいね(`・ω・´)

\ドラレコのサブスク/

申し込みはこちら!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。